中古住宅・住居で注意が必要な物件について、具体的な事例や特徴、耐震性などを交えながら説明いたします。

住宅・住居住み替えで無駄なし

中古住宅・住居で注意が必要な物件について

中古住宅・住居で注意が必要な物件について、具体的な事例や特徴、耐震性などを交えながら説明いたします。中古住宅や住居の中には、耐震性に疑問がある物件や、欠陥が有る物件などのリスクがあるため、注意が必要です。住宅は基本的に建築確認申請を市役所などの公の機関に提出し、適切に検査を受けた後の証明書が竣工時に受領する決まりになっていますが、適切に検査を経て、検査済証明書を得ている物件はここ十数年前くらいの物件であり、2000年くらいまでの物件は検査逃れや検査済証明書を受領していない物件が一定割合で存在しています。

その中でも最も注意したい物件は木造三階建ての物件で一階部分にインナーガレージがある物件となります。ガレージが一階部分の一部建物に入り込んでいる物件には一階部分に必要な耐力壁という耐震性に関わる構造体が少なく、耐震性に疑義が生じている物件が多いという事実があります。適切に構造計算をして、役所の検査を最後まで受けた上で検査済証明書を受領している場合は問題ありませんが、1990年代に建てられた木造三階建ての物件には特に注意が必要です。希望する条件に木造三階建ての物件が候補として挙がっている場合は検査済証明書が必ず保存されているかを確認して購入を検討することが非常に重要となります。

最近急上昇のサイトを集めました。整理されている下記のサイトをチェックしてください

Copyright 2017 住宅・住居住み替えで無駄なし All Rights Reserved.