化学物質のあふれている現代社会だからこその自然素材を使った住宅・住居の良さについて説明しています。

住宅・住居住み替えで無駄なし

自然素材の住宅・住居

住宅・住居を建てる時にはボンド、接着剤、塗装など沢山の化学物質が使われています。最近では体に良くないものなどは使われていませんが、このような化学物質あるいは鉄やコンクリートなど無機質な建築物はどこか暖かさや人間味に欠ける建物になってしまいます。そこで、木や土などの自然素材を多用した住宅・住居をおすすめします。

まず自然素材のメリットはその肌触りです。とても柔らかい肌触りでついつい触れたくなる質感です。特に床材に無垢材を使う、予算に余裕があれば作り付け家具などにも無垢材を使うことをおすすめします。無垢材は傷がついたとしても表面を削ることで全く傷が気にならなくなります。また天井をあらわしにすることで天井から木の質感が見えるというのも木に囲まれた気分になります。そして実際に木には吸湿性がありますので湿度をコントロールしてくれるというメリットもあります。また、塗り壁、漆喰壁にも吸湿性があります。また塗り壁は断熱性能なども高く、クロス張りにはない柔らかな質感もまた魅力です。無垢材や塗り壁を使うことは値段が高くなってしまうのがデメリットですが、節の多い無垢材を使う、あるいは外国産のものを使う、塗り壁は施工性のよいものを選んで工期を短くするなどの工夫で費用を削減することも可能です。

最近急上昇のサイトを集めました。整理されている下記のサイトをチェックしてください

Copyright 2017 住宅・住居住み替えで無駄なし All Rights Reserved.